LINE登録で「ES書き方マニュアル&ワークシートBOOK」(22,000字)無料プレゼント中 公式LINEはこちらから

当サイトは監修・寄稿の依頼を受け付けています

「大学職員になる」(以下、「当サイト」という)では記事監修や寄稿に関するご依頼を受け付けております。

監修・寄稿に関して、現役の大学職員だから分かる業界知識や専門性に加えて、当サイト運営を通じて蓄積されたSEO(※1)の観点から検索結果の上位表示、ドメインパワーの上昇を狙ったWebライティングを行うことが可能です。(※1 SEOとはSearch Engine Optimizationの略で検索エンジン最適化を指します)

監修ってどんなことをするの?

現役の大学職員が掲載されている内容に間違いや誤りがないか確認してお墨付きを与えます。サイト監修、記事監修があり現場経験に基づく追記アドバイスなどを行います。

大学職員の監修イメージ
寄稿ってどんなことをするの?

現役の大学職員が専門性に基づいた記事を執筆し提供します。SEOの観点から狙いたい「キーワード」を提供いただき記事作成を行います。

大学職員の寄稿イメージ

SEOで上位表示させるためには権威性が重要になる

ここ最近のSEOは難易度が急上昇しており、検索結果で上位表示させるためにはGoogleが提唱したE-T-Aを意識したメディア運営が欠かせなくなっています。

Googleが提唱する「E-T-A」とは

E-T-AとはGoogleがSEOで重視する次の3つの要素の頭文字をとった言葉です。

  • Experertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

Googleが公開している「検索品質評価ガイドライン」では低品質なページの定義としてE-A-Tが欠如していると明記されています。今後のメディア運営においてはE-A-Tを踏まえたWebコンテンツの作成が欠かせなくなっています。

Lacking Expertise, Authoritativeness, or Trustworthiness (E-A-T)
Low quality pages often lack an appropriate level of E-A-T for the purpose of the page.
出典:Google検索品質評価ガイドライン

大学職員に関する内容ならE-A-Tを意識して監修・寄稿を行います

当サイトの記事執筆はWebライティングに特化した資格を保有する現役の大学職員トキが行っております。大学職員に関する記事内容であれば、仕事内容から就活・転職対策方法まで実体験をもとに監修・記事執筆を行うことができます。

  • 大学職員の職業に関する記事を掲載しているメディア
  • 大学職員の転職求人を扱っているWebサイト
  • 職業の口コミを掲載しているメディア

このようなメディア、Webサイト運営をされているご担当者の方は当サイトとの提携をご検討ください。

当サイトとの提携で「E-T-A」を補いませんか?

Webライティング、SEOの知識を有した現役大学職員がE-T-Aを意識した監修・寄稿を行います。

E-A-Tの項目当サイトで実施している「E-A-T」
Experertise(専門性)現役の大学職員、就活生や転職者からの個別相談対応
Authoritativeness(権威性)当サイトの運営実績、Twitterによる日々の業務内容発信
Trustworthiness(信頼性)YouTubeを活用した映像による可視化
当サイトのE-A-T
大学職員トキ
当サイトのディレクション・記事執筆を担当

現役大学職員トキの実績

  • Webライター検定3級保有
  • OB訪問受付は累計30名以上
  • オンラインによる相談実施
  • メディア掲載・寄稿

監修・寄稿に関するご依頼、ご相談は以下のお問い合わせページよりご連絡ください。サイト運営ご担当者様のご希望に合わせて柔軟に対応いたしますのでご連絡をお待ちしております。

\ お問い合わせフォームに移動します /