LINE登録で「ES書き方マニュアル&ワークシートBOOK」(22,000字)無料プレゼント中 公式LINEはこちらから

大学職員への転職でdodaがおすすめの理由と転職しやすい時期を公開

dodaおすすめの理由

転職サイトは数多く存在しますが、目的に合わせて使い分けることが大切です。

さまざまな転職サイトで毎月の大学職員求人を見ている現役の大学職員がdodaをおすすめする理由を紹介します。

  • 大学職員になるための転職サイトが知りたい
  • 転職活動で何をしたらいいか分からない
  • 自分に合った転職サイトが知りたい

現役の大学職員から見てもdodaに掲載されている大学職員の求人数は魅力的です。

この記事を読むと
  • dodaが大学職員への転職に適している理由がわかる
  • 大学職員の転職求人が出やすい時期がわかる
  • 非公開求人を紹介してもらう方法がわかる
目次

【結論】大学職員への転職ならdodaがおすすめ

dodaのトップ画
出典:doda

数多くある転職サイトにはそれぞれ特徴があります。

現役大学職員の目線でいくつもの転職サイトを比較していますが、大学職員への転職ならdodaがおすすめです。

dodaが大学職員の転職におすすめな理由
  • 大学職員の求人数がとにかく多い
  • 求人対象が20代~50代であなたに合った求人がある
  • 全国各地の求人を取り扱うので近くの求人を探せる

dodaには大学職員への転職求人がたくさんある

大学職員への転職にdodaが向いている理由は、圧倒的な転職求人の多さです。

当記事ライターの現役大学職員トキは毎月、転職サイトの求人情報をチェックしていますが、「大学職員の転職求人」に絞っると、dodaが業界トップクラスです。

転職サイト大学職員の求人数(10月)    9月    
doda630件628件
マイナビAGENT41件5件
リクナビNEXT442件283件
リクルートダイレクトスカウト221件455件
2022年10月1日時点 筆者が各サイトにて検索

通常の求人検索で表示される求人数は公開求人と言われるもので、このほかに転職エージェントによって紹介される非公開求人がたくさん存在します。

dodaの場合、求人全体の80%が非公開求人です。

非公開求人には応募が殺到するような公開求人で検索することができない好条件の転職求人が多数あるため、理想の転職機会に巡り合う可能性が高いです。

\ 公式サイトに移動します /

dodaには全国各地の転職求人が掲載されている

大学職員の転職求人を多く取り扱うdodaには全国の転職求人が掲載されています。

大学職員が働く大学は全国各地にあるため、あなたの近くの大学が転職求人を出していることもあります。

首都圏や関西圏で仕事を探したい方だけでなく、地元で働きたい方も求人を探すことができます。

dodaの転職求人は20代~50代が対象

dodaに掲載されている大学職員の求人は、対象年齢が20代~50代と幅広いです。

大学職員への転職を目指すなら、幅広い求人情報を知っておくことで転職する際の判断材料になるので、dodaを利用して損することはありません。

dodaは「求人を探す」と「求人を紹介してもらう」ができる

通常の転職サイトは、自分で求人を探すか、転職エージェントに求人を紹介してもらうかのどちらかです。

ところが、dodaならそのどちらも利用することができます。

自分で求人を探しながら、転職エージェントに非公開求人を紹介してもらう方法が賢い転職方法です。

dodaの転職エージェント
出典:doda

dodaは転職エージェント利用で効率的になる

大学職員への転職で最初にするべきことは、転職エージェントのカウンセリングを受けることです。

大学職員に転職すると言っても、就職先、条件、年収、勤務地など様々な要素を調べて比較しなければいけません。

この作業をすべて無料であなたの代わりに行ってくれるのが転職エージェントです。

大学職員への転職でエージェントを活用する理由
  • 非公開求人の紹介を受けることができる
  • 転職活動の手続きを代行してくれる
  • 完全無料ですべてのサービスを利用できる

転職活動が大変といわれる理由は「調べることが多い」からです。

特に、大学職員を目指す場合は全国各地にある大学の求人を調べることは大変です。

転職エージェントのカウンセリングで希望する条件を伝えることで、求人情報を代わりに探してくれるだけではなく、非公開の求人を紹介してもらえるかもしれません。

転職活動で疲弊しないためにも、最初に求人を紹介してもらえる仕組みをつくっておきましょう。

大学職員サキ

dodaはオンライン・電話でカウンセリングしてくれるから簡単!

dodaで非公開の大学職員求人を紹介してもらう方法

dodaで大学職員の非公開求人を紹介してもらう方法は次の3つです。

非公開の転職求人を紹介してもらう方法
  1. 転職エージェントのカウンセリングを受ける
  2. プロフィールをていねいに書く
  3. 「自己PR発掘診断」を受ける

転職エージェントのカウンセリングを受けよう

大学職員の非公開求人を紹介してもらうために、カウンセリングを受けましょう。

転職エージェントの立場になると分かりやすいですが、求人募集をする大学側にあなたを紹介するためには、あなた自身の経験や強みといった判断材料が必要です。

希望と異なる求人を紹介しないためにも、カウンセリングの内容はとても重視されます。

dodaはオンラインや電話でカウンセリングを受けることができるので、大学職員の非公開求人を目指すなら必ず受けておきましょう。

大学職員モモ

doda公式サイトのQ&Aを引用するよ!

転職するか決めていないけどエージェントに相談してもいい?

大丈夫です。dodaの利用者には「転職すべきか知りたい」という方もたくさんいます。あなたの考えを整理するためにキャリアカウンセリングを利用することも可能で、相談の結果「今の会社に残る」選択をする方もいます。

登録完了して「登録完了しました」のメールが届いた。次にすることは?

dodaからの連絡をお待ちください。カウンセリングは平日または土曜のご都合の良い日時でオンラインや電話などを指定してください。

キャリアカウンセリングは何をするの?

「今までの経歴や転職を考えた理由」のヒアリングを行います。そのほかに「キャリアプランの相談」や「求人の紹介」、「転職スケジュール設計」も可能です。

\ 公式サイトに移動します /

プロフィール欄をていねいに埋めよう

会員登録(無料)をすると、プロフィールを入力することができます。

カウンセリングと同じく、非公開求人の紹介を受けるためにあなたの情報をdodaや求人募集側(大学)に伝える重要なツールです。

カウンセリングで伝えきれない情報などを追加、更新しながら魅力あるプロフィールを完成させましょう。

自己PR発掘診断を受ける

「自己PR発掘診断」とは、dodaが提供する16問の設問をクリックして回答するだけであなたのアピールポイントが発見できる機能です。

履歴書や職務経歴書に「なにを書いたらいいかわからない…」と悩むことが無くなるだけでなく、回答結果は転職エージェント側でも参考にしてくれます。

doda自己PR発掘診断
出典:doda
大学職員トキ

私も「自己PR発掘診断」を受けてみた!

実際に「自己PR発掘診断」を受けてみると16問の設問について「当てはまる」「当てはまらない」を回答するだけで、およそ1分で診断が終わりました。

診断結果として、自己PRに使えるキーワードが表示されるのでおすすめです。

自己PR発掘診断
出典:doda

大学職員への転職を成功させるためのコツ

大学職員への転職を成功させるために意識することは次の3つです。

大学職員への転職を成功させるコツ
  • 質問に的確に応える
  • 大学が求める強みをアピールする
  • 転職活動を継続する

転職活動では質問に的確に応えよう

転職活動では、結論から的確に話すことを意識しましょう。

  • 転職エージェントは、あなたの転職をサポートする目的であなたのことについて質問します。
  • 面接官は、大学職員として活躍できるかを判断する目的であなたに質問をします。

相手の目的を意識して、端的に回答するようにしてください。

「私も伝えたいことがたくさんある!」と感じる場合でも、相手が詳しく知りたいと思う部分は、さらに質問をしてくれます。

相手に「もっと教えてほしい」といわれてから、自分の考え方や意見などさらに細かい部分を伝えましょう。

大学が求める強みをしっかりアピールしよう

転職求人には、想定年収や勤務条件などのほかに「求める人物像」が掲載されていることがあります。

その場合は、求人募集している大学が「こんな人に内定を出したい」と公表しているので、自分の経歴や強みで近い部分はないか意識しましょう。

希望する転職求人に「求める人物像」が掲載されていない場合は、下記の現役の大学職員が語る一緒に働きたい人物像を参考にしてください。

大学職員トキ

私が勤務する大学の様子を交えて紹介します!

現役の大学職員が語る一緒に働きたい人物像

当記事ライターの現役大学職員が語る「一緒に働きたい人物像」を紹介します。

専任職員(正社員)で募集されている求人の場合、1人の大学職員が多くの業務を担当します。

1人が複数の業務を担当することになるので、自分一人だけでは仕事を終わらせることができません。

複数の業務を派遣職員やパート職員に割り振りながら協働できる方と一緒に仕事がしたいです。

  • ひとりで黙々とではなく、周囲と協働できる人
  • 複数業務を同時進行で進めることができる人
  • 色んな人と会話をしながら仕事ができる人

転職活動を継続することが大学職員に転職するコツ

転職活動を始めたばかりの人が意外と知らないのが「転職求人が出やすい時期がある」ということです。

時期によって転職求人に差があることは大学職員への転職でも同じです。

年間を通して掲載している転職求人の場合でも、時期によって大学側が「人が欲しい」という理由で内定が出やすくなることがあります。

半年前は内定がもらえないような求人であっても、大学側の需要によって内定のハードルが下がることがあります。

大学職員の転職求人が増える時期
冬(1月~3月)は大学職員の転職求人が増える

大学職員の仕事周期は年度単位で動くことが多いため、定年退職や依願退職など3月末退職にむけて学内の大学職員数が減少します。

そのため、1月~3月は4月からの新年度に向けた「大学職員の求人」が掲載され始める時期です。

秋(9月~11月)は大学職員の転職求人が増える

大学では、採用計画で年間採用人数の目安が決められています。

この年間採用人数には、転職者だけでなく新卒の新入職員も含まれており、就活の採用面接が解禁される6月以降の採用状況をみて8月頃から転職求人が掲載され始めます。

まとめ

大学職員に転職したい場合にdodaがおすすめな理由は次の通りです。

dodaが大学職員の転職におすすめな理由
  • 大学職員の求人数がとにかく多い
  • 求人対象が20代~50代であなたに合った求人がある
  • 全国各地の求人を取り扱うので近くの求人を探せる

当記事ライターの現役大学職員も毎月の大学職員求人を見ていますがdodaの大学職員求人数は業界トップクラスです。

公開されている求人だけでこれほどあるので、非公開求人にはさらに好条件の求人がある可能性も高いです。

転職サイト大学職員の求人数(10月)    9月    
doda630件628件
マイナビAGENT41件5件
リクナビNEXT442件283件
リクルートダイレクトスカウト221件455件
2022年10月1日時点 筆者が各サイトにて検索

大学職員への転職を成功させるコツは「転職活動を継続すること」ですが、それ以上に大切なことは転職活動を始めてみることです。

\ 公式サイトに移動します /

当記事ライターの現役大学職員トキは、オンラインのES添削・面談(無料)で大学職員に転職したい方をサポートしています。

今なら「ESの書き方マニュアル&ワークシート」無料プレゼント中!

大学職員の仕事や転職に関してのご相談は「大学職員になる」公式LINEよりご連絡ください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%80%8C%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E8%81%B7%E5%93%A1%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%80%8D-%E5%85%AC%E5%BC%8FLINE%E3%81%AE-2.jpg
⸜ 無料で相談受付中 ⸝

さいごまでお読みいただきありがとうございます。

お友だちにシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

・現役の大学職員
・OB訪問受付30名以上
・学生時代は50社選考受ける
・家族と平穏に暮らす

『就活生・転職者を応援するのは前向きな人と仕事がしたいから』

目次