公式LINEで「ES書き方マニュアル&ワークシート」無料プレゼント中 公式LINEはこちらから

教授と関わる仕事はブラック!?大学職員の仕事内容をわかりやすく解説

理不尽な教授との付き合い方

大学職員には教員と関わる仕事がたくさんあります。

  • 教員は講義のほかにどんな仕事があるの?
  • 大学職員と教員のパワーバランスは?
  • 気をつけた方がいい教員がいる!?

大学職員になると、教授とは同じ大学人として仕事をすることになります。

これまでに一般の大学教員から学部長などの行政職教員まで、幅広い教員と共に仕事をしてきた大学職員の経験を踏まえて教員との関わりについて紹介します。

大学職員の採用面接では、最終面接の際に教員も面接官として加わる大学もあるので、大学職員と教員の関係性について理解しておきましょう。

この記事を読むと
  • 大学職員の仕事内容がわかる
  • 危険な大学教授の特徴がわかる
  • 大学職員に必要な能力がわかる
目次

教授と行う大学職員の仕事とは?

大学職員と仕事をするケース

大学教授は講義やゼミのほかに、専門分野の研究や大学の仕事である校務を行っています。

私たち大学職員が教授と仕事をする機会はとても多いので、代表的なものに絞って紹介します。

大学職員が教員とする仕事
  • 期末試験の採点依頼
  • 教員任用の相談
  • カリキュラム整備の打ち合わせ
  • 各種委員会の打ち合わせ
  • 新制度立案に関する検討

教員と行う仕事を5つ紹介しましたが、いくつ想像できるでしょうか。

この5つの仕事でもさらに次の3種類に分類することができます。

  1. 大学運営に関わる依頼事項
  2. 組織運営に必要な打ち合わせ
  3. 教員からの相談事

大学運営に関わる依頼事項

お願いする女性

大学では学生に向けて講義を提供するため、期末に試験を行います。

仮に1つの学部で400科目、5,000人の学生がいた場合、大学職員は400科目分の成績採点依頼の準備を行い、教授全員に採点・成績付与の依頼を行います。

大学で講義を担当しているのは専任の教授だけでなく、他大学の教授や民間企業の実務家教員もいるため、さまざまな人に依頼をします。

このほか、新年度のシラバス作成や科目担当教員の決定など、大学の運営に欠かすことができない事項を依頼します。

組織運営に必要な打ち合わせ

会議の様子

大学という組織はあまりに巨大なため、学部やキャリアセンター、入試部などそれぞれの組織に分かれます。

各組織においては、現場の意思決定権が委譲されており、各組織ごとに委員会を設置して意思決定を行います。

各組織の委員会においては、代表の教授がセンター長などの役職(行政職)に就き、委員会運営を行います。

大学職員は委員会運営にあたって、議事の素案や検討の方向性を行政職の教授と打ち合わせをしながら一緒に決めていきます。

行政職の教員との仕事は、細かな裏話などを共有することが多いため、非常に深く関わりながら仕事をすることになります。

教員からの相談に関する対応

相談をする男女

大学職員が教員と仕事をするうえで、最も難しいのが教員からの依頼ごとに関する対応です。

教員からの要望に可能な限り応えるためには、案件ごとに適切に対応する必要があります。

  • どこに繋げば解決するのか?
  • 現実問題で実現可能な相談なのか?
  • 誰のために必要な相談なのか?

大学の意思決定の流れや過去の事例などを網羅的に理解しておく必要があります。

すぐに実現できない時や教授個人のエゴによる要求については、はっきりできないと伝えることも仕事です。

大学職員サキ

残念だけど、怒鳴ってくる教授がいるのも事実よ!

教授と仕事をする時に大学職員が意識すること

教授と仕事をするときに意識をすることは、相手に合わせることです。

「学生と教授」といった関係性ではなく、共に仕事をする大学人として教授と接するときは、教授に一定程度の配慮をします。

教授の仕事は講義・会議・研究・学会・調査活動・イベント地方出張・メディア取材など、とにかく多いです。

忙しい大学教授と仕事をする上で、「この教授はどんなタイプか?」を早い段階で見極めて適切な依頼や共有を心がけます。

教授ごとのタイプは、一度に伝えて欲しいタイプ・小出しにして欲しいタイプ・要点だけ知りたいタイプなどさまざまです。

相手に合わせることができれば、結果的に大学職員の仕事もやりやすくなります。

大学職員モモ

相手に合わせるって実はすごい能力!

こんな教授には気をつけよう!

残念ながら大学職員にとって、気をつけた方がよい大学教授が存在するのも事実です。

ハラスメント気質の教授がいる場合は注意しましょう。

社会には「先生」といわれる職業が一定数おり、「先生」と呼ばれる方と仕事をする点では、医療事務・MR(医薬品営業)・パラリーガル(法律事務職員)・大学職員などが挙げられます。

特に、大学職員を「事務員」として見下している大学教授には気をつけましょう。

「罵声を浴びせる」、「セクハラ発言」、「俺が言うのだからと脅す」などは全てアウトです。

気をつけたほうがよい教授と仕事をするとき

若手から中堅の大学職員は、気をつけた方が良い大学教授と仕事をせざるを得ないときは、

  • 上司や同僚と複数人で対応
  • 教員個人研究室にはいかずに窓口で対応
  • 抱え込まずに早いうちから周囲と共有

これらの対策をしてハラスメントに巻き込まれないように気をつけましょう。

大学にはハラスメント相談室や内部通報システムが整備されています。

教授も大学職員との関係性がなければ大学業務ができないことを理解しているので、ほとんどの大学教授は人としてお互いに尊敬の念をもって接してくれるので安心してください。

まとめ

大学職員にとって、教授と仕事をすることは切っても切り離せません。

大学職員が教授と行う仕事は次の通りです。

大学職員が教員とする仕事
  • 期末試験の採点依頼
  • 教員任用の相談
  • カリキュラム整備の打ち合わせ
  • 各種委員会の打ち合わせ
  • 新制度立案に関する検討

大学教授は専門分野を極めたプロの研究者なので、研究過程や若い頃の下積み経験から人間的に魅力のある方が多くいます。

若手から中堅にかけては、大学教授という肩書に臆することなく、積極的に仕事で関わっていきましょう。

なぜならば、大学職員は教授との仕事を重ねることで成長につながります。

やっかいな大学教授がいる一方で、人としての魅力にあふれた教授がいるのが大学という職場です。

人間のおもしろさ、人として成長する喜びを感じることこそ大学職員の魅力です。

大学職員を目指すにあたって、相談できる大学職員が見つからないときは、「大学職員になる」公式LINEをご活用ください。

  • 大学職員の仕事内容を知りたい
  • 一緒に志望動機や自己PRを考えてほしい
  • 大学職員の働き方を知りたい

現役大学職員のトキがお悩み解決に向けてお手伝いします。

今なら「ESの書き方マニュアル&ワークシート」無料プレゼント中!

⸜ 無料で相談受付中 ⸝

さいごまでお読みいただきありがとうございます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

・現役の大学職員
・OB訪問受付30名以上
・学生時代は50社選考受ける
・家族と平穏に暮らす

『就活生・転職者を応援するのは前向きな人と仕事がしたいから』

目次