公式LINEで「ES書き方マニュアル&ワークシート」無料プレゼント中 公式LINEはこちらから

【2024年卒】大学職員採用の就活スケジュール!いつから何をする?

大学職員の就活スケジュール

毎年、春先から初夏にかけて大学のキャリアセンターや就職ナビサイトで「〇〇卒!就活スケジュール」が公開されます。

就職ナビサイトで公開される就活スケジュールは、民間企業への就職を想定したスケジュールです。

大学職員を目指す就活生は、独自のスケジュールに注意しましょう!

  • 大学職員への就職スケジュールは?
  • 大学職員になるためにはいつから、何する?
  • 特別な対策って必要なのかな…

就活スケジュールを知らずに選考に臨むことは、言い換えるならルールを知らずにスポーツの大会にでるようなものです。

この記事では、採用面接の経験がある現役の大学職員が、就活生だった当時、50社以上の選考を受けた経験から、「大学職員になるための就活スケジュール」を説明します。

結論、大学職員の採用スケジュールは、民間企業より少し遅いです。

スケジュールが遅い分、流れに乗り遅れると取り返しがつかないので気をつけましょう。

まずは、2024年卒向けの就活スケジュールの大きな流れを理解して、大学職員採用の全体像を掴みましょう。

この記事を読むと
  • 大学職員への就活スケジュールがわかる
  • 大学職員になるための方法がわかる
  • 大学の採用情報がわかる
目次

大学職員の採用スケジュールは?

大学職員の就活スケジュール

2021年3月以降に卒業した学生から、就職活動に関する解禁ルール・取り決めはこれまでの経団連(※1)主導から政府主導するかたちに切り替わりました。

(※1) 日本経済団体連合会(日本の代表的な企業1,461社、主要全国団体109団体から構成2021年4月1日現在)

政府が主導する就活スケジュールになったものの、2024年卒の大学職員採用は大きく前年から変更はありません。

ただし、大学によっては面接開始の時期が前倒しになっているので、注意してください。

3月採用説明会・6月面接スタート

大学職員の採用スケジュールは、民間企業と同じく、次の流れで進みます。

  • 3月に採用説明会・プレエントリーの開始
  • 6月に採用面接の開始

民間企業では、通年採用や採用手法の多様化によって企業説明会、採用面接開始のスケジュールが異なる企業も一部存在するので、就活スケジュールが混同しないように注意しましょう。

大学職員への就活はいつから始める?

大学職員の採用ステップ

大学職員の採用スケジュールは、民間企業よりも少し遅い特徴があります。

基本的には、民間企業と同じスケジュールで、採用説明会、エントリー受付、適性検査、面接と進んでいきます。

民間企業の選考スケジュールと大きく異なるわけではないので注意しましょう。

大学職員トキ

就活生がやるべきことを時系列でまとめたよ!

大学職員になるために:~2023年2月まで

STEP
~2月 自己分析・インターンシップの参加

2023年2月頃までは、大学職員に限らず民間企業のインターンシップに参加したり、自己分析や業界研究に時間を使いましょう。

就職活動で、とにかく時間を使うべきなのが「自己分析」です。

2月までの期間は、時間もたくさんあるのでどんどん自己分析を進めておきましょう。

「まだ大丈夫でしょ」には要注意!

「大学職員のスケジュールは遅いから、まだ大丈夫!」と油断するのは禁物。

スケジュールは遅くても、エントリーしてくる就活生は、冬から就活を始めて経験を積んでいます。

本選考にエントリーする時点で、面接経験などライバルと差がありすぎて手遅れ…という就活生をたくさん見てきました。

後から悔やむことが無いよう頑張りましょう!

民間企業のインターンシップに応募することで、エントリーシートを書く機会が増えます。

就活の後半で「ESが通過しない…」と悩まないためにも、この時期から挑戦してみましょう。

大学職員モモ

大学業界以外も選考を受けよう!

「大学職員になりたいのに、民間企業のインターンに行かないといけないの?」と思うかもしれません。

あなたが就職したい大学という環境は、「社会に絶えず還元していく存在」です。

つまり、大学で働く大学職員が社会について何にも知らなければ仕事になりません。

大学職員を目指すのであれば、就活生のうちから幅広い業界に目を向けて、社会の仕組みや業界ごとのつながりをしっかり理解しておきましょう。

大学職員になるために:2023年3月から

STEP
3月~ エントリーシート提出

2023年3月からは民間企業や大学において、採用活動が本格化します。

就職活動ナビサイトのプレエントリー(※2)開始となり、一斉に採用説明会が開催されます。

(※2) プレエントリーとは、興味のある企業や大学をマークすることで採用情報を受け取る手続きのこと

大学職員サキ

この時期から急に忙しくなるわ!

プレエントリーの際は、気になる企業・大学をなるべく多く選択しましょう。

まだまだ、余力のある就職活動を始めたばかりの時期に、多くの情報を吸収して、採用説明会の情報などをキャッチしておきましょう。

少ないエントリーで失敗する就活生

就活の序盤から、特定の業界だけに絞ってエントリーする就活生がいます。

ところが、就活をしていると軸が変わったり、不採用によって持ち駒(※3)がなくなったり、他業界を受けなければいけない状況になります。

3月時点でプレエントリーをしていないと、

  • 今年の採用説明会がすでに終わっていた…
  • ESの提出期限が過ぎていた…

ということも。

就活の序盤は幅広い業界に触れておきましょう。

(※3)エントリーしている選考中の就職先のこと。就活略語。

大学職員トキ

幅広く情報を集めてから取捨選択しよう!

3月のプレエントリーを終えて、エントリーシート(ES)を出し始める時期に、OBOG訪問をすると効果的です。

大学業界のことを全く知らない状態の就活生がOBOG訪問をするよりも、採用説明会に参加してある程度、業界理解の進んだタイミングで訪問することで、有意義な機会になります。

ぜひ積極的に、OBOG訪問を申し込んでみましょう。

大学職員になるために:2023年6月から

STEP
6月 採用面接が開始

2023年6月以降は、多くの企業で採用面接が始まります。

大学職員の選考でも、多くの大学で6月に面接を実施します。

他大学や民間企業の面接とバッティングしないように、スケジュール調整に気をけよう!

民間企業とココが違う

民間企業は採用活動の多様化によって、年間を通じて採用活動を行っているケースがあります。

しかし、大学職員の場合は、募集人数が少ないため、6月~7月の面接でその年度の採用活動が終わります。

※大学によって多少の差はあります。

大学職員をめざす就活生にとって、6月の面接が「一発本番!」となります。

6月の面接開始に向けて、調子を整えて挑みましょう。

大学職員になるための就活準備とは?

大学職員になるための就活準備

大学職員になるためには、なにをしたらいいのでしょうか?

就活生が取り組むべきは次の3つです。

  1. インターンシップへの参加
  2. 自己分析
  3. OBOG訪問

まず、欠かせないのが自己分析です。

自己分析は期限に追われることもなく、相手も不要なため自分のペースで取り組むことができます。

自己分析では、いろいろな質問を自分に問いかけて、考え方や背景を理解していきましょう。

自己分析で自分に問いかける質問
  • 自分はどんな仕事がしたいか?
  • どうして大学に入学したのか?
  • 自分はどんな人間なのか?

インターンシップに参加したり、社会人の先輩にOBOG訪問することで、初めての経験をたくさん積むことができます。

経験を積むことで、うまく言葉にできなかった自己分析が自分の中でスッキリ落とし込まれて表現できるようになります。

大学職員モモ

悩むだけでなく行動量も大切!

自分ひとりでは、自己分析やインターンシップの参加が難しいという方は、オファー・スカウト型の就活サイトに登録しておきましょう。

実際のES提出や面接を進めながら、内定を獲得するチャンスが増えるので、可能性を広げる機会になります。

withコロナで大学職員の採用に影響はあるの?

大学職員採用

withコロナとなった現代社会において、採用人数の縮小など、就職活動への不安を感じることも多いのではないでしょうか?

大学職員の採用に関しては、コロナ禍であっても募集人数に大きな変化はありません。

採用説明会のオンライン化など、大学職員の採用手段についてはコロナ前と比較して変化があります。

採用説明会などに参加して、事前に確認をしておきましょう。

大学職員採用もオンライン化が進む

2020年~2021年の新型コロナの流行を機に、大学職員の採用でもオンライン化がすすみ、採用説明会をオンラインで実施する大学が増えています。

オンラインでの採用活動が進んだことで、これまでインターンシップを実施していなかった大学が新たにインターンシップを開催したり、就活生が移動時間や交通費を気にせず、複数大学の採用説明会に参加できるなど、これまでにない良い変化も多くあります。

オンライン化でよくなった点
  • 採用説明会の録画が公開される
  • 移動費がかからず就活費用の削減
  • インターンを新たに始める大学が増えた

大学職員の採用はコロナ禍でも継続

大学職員の採用は、大規模な私立大学を中心に年度初めの4月から仕事を始める一括採用が主となります。

大学によっては、秋学期の途中から採用となる秋採用や臨時で求人が公開される中途採用などもありますが、主な採用スケジュールは東証1部上場企業などにみられる一括新卒採用をイメージしましょう。

なぜ一括採用をするの?

新卒一括採用を実施している大学の場合、ある年度に新入職員がいないと、その後、何十年間にわたって大学職員がいない世代が発生します。

これは人材力が不安定であることを意味するため、「大学業界という特殊な環境で仕事をする大学職員は新卒採用で長期的に経験を積ませたい」という人事部の意向があるからです。

大学職員の採用状況は、職員数が著しく少ない世代が発生しないために、コロナ禍でも採用人数が大きく減少することはありません。

友人の就活状況が見えない中で就活するコツ

目隠ししている女性

就職活動のオンライン化によって、大学の友人と会う機会が減少し、自分以外の友人がどのような就職活動をしているのか見えづらくなります。

まわりの就活生と比べて自分の行動は正しいのか?と、不安になることも。

そんなときは次の方法で周囲との比較や協力をしてみるのも良いでしょう。

  • 友人と就活用LINEグループを作成する
  • スケジュールをGoogleカレンダーで共同管理する
  • 周囲の就活生の質問内容に耳を傾ける

就職活動では、情報収集が欠かせません。

期日を過ぎると選考にエントリーができないため、就活生にとっては情報こそ命といえます。

とはいえ、企業説明会の参加やエントリーシートの準備、面接対策に追われる就活生にとって、自分一人だけで情報を集めることは難しく、収集量にも限界があります。

そんな時は、LINEグループやGoogleカレンダーで情報をシェアすることができれば効率的です。

就活情報は自分で主体的に集めよう!

友人が集めた就活情報に頼る就活生もいますが、友人と価値観や就活軸が全く同じということはあり得ません。

「どんな情報を集めか?」という選択の時点で、すでに就職活動は始まっています。

いま、この記事を見ているあなたは、自分で情報を収集している真っ最中ですね。

まとめ

大学職員をめざすなら、採用スケジュールの大まかな流れをつかみましょう。

就職活動全般にいえることですが、特に大学職員は募集人数も少なく、合同説明会などへの露出も少ないため、事前の情報収集と対策が重要になります。

大学職員の選考スケジュールが遅いからといって油断は禁物です。

選考が本格化する3月よりも前の時期におこなう事前準備が大切です。

自己分析やOBOG訪問、インターンシップへの参加など積極的に社会と関わり合うような事前対策に励んでください。

せっかく、自己分析やインターン準備を行うのであれば、大学職員に求められる能力やスキルについて理解したうえで、エントリーシートやOBOG訪問、採用選考を受けると効果的です。

大学職員の業務理解を深めながら、選考の対策をしていきましょう!

就職活動では、初めての経験が多いため、自分のペースをつかむまでが非常に大変です。

大学のキャリアセンターなどを利用して、なるべく一人で抱え込まない工夫をしましょう。

  • キャリアセンターが予約でいっぱい
  • まずは何からやればいいかわからない
  • 自分の就活が正しいのかわからない

今なら「ESの書き方マニュアル&ワークシート」無料プレゼント中!

そんな方は「大学職員になる」公式LINEをご活用ください。

現役大学職員のトキがお悩み解決に向けてお手伝いします。

⸜ 無料で相談受付中 ⸝

さいごまでお読みいただきありがとうございます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

・現役の大学職員
・OB訪問受付30名以上
・学生時代は50社選考受ける
・家族と平穏に暮らす

『就活生・転職者を応援するのは前向きな人と仕事がしたいから』

目次